7月14日(日) 第16回シンポジウムを開催します。       2019年6月12日

タイトルなし
 伊那谷アグリイノベーション推進機構は、7月14日(日)に第16回シンポジウムを飯田市で開催いたします。
 今回のシンポジウムは、「食品と健康増進について」をテーマに、『健康・長寿県』の強みを活かした新たな産業創出へつながればと企画いたしました。
 更に、同日同会場内に於いて、研究紹介等のパネル展示と「食品系試験室見学会」も開催いたします。当機構の活動やエス・バード内の施設,身近な食品についての認識を深める良い機会となると思いますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

◆シンポジウムの参加費は無料です。

【 日 時 】 令和元年7月14日(日)13:30~16:30
【 会 場 】 産業振興と人材育成の拠点「エス・バード」 (飯田市座光寺3349-1)

【 内 容 】
 < 講  演 > 「次世代プレバイオティクス:麹菌プロテアーゼ」
                  加藤 範久 氏(広島大学 名誉教授)

 < 事例報告 > 「市田柿の機能性について」
                  濵渦 康範 氏(信州大学農学部 准教授)

 < パネルディスカッション >
          座   長 : 友竹 浩之 氏(飯田女子短期大学 教授)
          パネラー : 加藤 範久 氏(広島大学 名誉教授)
                  濵渦 康範 氏(信州大学農学部 准教授)
                  稲熊 隆博 氏(信州大学農学部 特任教授)
                  石黒 貴寛 氏(旭松食品株式会社食品研究所)

 < 施設紹介 >        高島 義典 氏(南信州・飯田産業センター)



〔 同日開催 〕 (同会場内)
 11:00~13:00 研究紹介等のパネル展示
 11:00~12:00 南信州・飯田産業センター内 食品系試験室見学会 ※要予約
              (11:00~、11:30~ 同内容で2回実施)



《お申し込み方法》
 シンポジウムチラシの裏面記載の申込様式に従い、必要事項をご記入の上、FAXまたは電子メールにて、7月1日(月)までにお申し込み下さい。

《お問い合わせ》
 (信州大学農学部内)
   伊那谷アグリイノベーション推進機構 事務局 (担当:唐木/樋口)
       TEL:0265-77-1523   FAX:0265-77-1644
       E-mail:ina-ais★shinshu-u.ac.jp (※「★」を「@」に変換して下さい。)


チラシ (pdfファイル、627571バイト)