伊那谷アグリイノベーション推進機構 より  ご挨拶

伊那谷アグリイノベーション推進機構の設立に向けて、平成24年3月に信州大学農学部が中心となり、企業・団体・行政機関及び大学からなる発起人会を発足、さらに同年5月に設立準備会を立ち上げ、機構の目的、事業内容、組織などを検討して参りました。この結果、平成25年10月23日に機構立ち上げをいたしました。

本機構は、地域の豊な自然と人が共生する循環型地域社会の創造を目指して、農を基盤とした産学官連携により「地域の農林畜産業,食品産業及び関連産業を活性化する『信州モデル』を創造する」ことを目的としています。

本機構では、
 ☆「健康・長寿県」関連産業の創出
 ☆循環型地域社会の構築
 ☆美しい景観の継承
のため、教育研究機関(信州大学農学部・長野県看護大学・信州豊南短期大学・飯田女子短期大学・長野県南信工科短期大学校・長野県南信農業試験場等)が蓄積してきた様々なシーズと企業・自治体・各種団体のニーズとのマッチングを図り、地域の農林畜産業,食品産業や観光業において、「健康・長寿県」の強みを活かした新たな産業創出とグローカル教育を推進します。